Program

Turn your science into business

生命機構の解明や解析技術の向上・データ化が近年急速に進んだことで、かつてのITが与えたように、近い将来バイオテクノロジー・ヘルスケアも社会経済への大きなインパクトを生み出すことが確実視されています。その中心的役割を担うのが、起業家マインドをもった研究・技術者です。

研究成果を社会に還元するには、研究者だけでなく事業会社や大学・行政・投資家などとの協力が欠かせません。Open Network Lab BioHealthではこれらとのエコシステムを形成することで、一丸となってバイオテクノロジー・ヘルスケア領域での事業化を支援します。

<対象とする分野例>

創薬、創薬支援、デジタルメディスン、医療機器、医療情報管理、予防、介護、ヘルスケアサービス、ヘルスケアデータ利活用、食品、農業、合成生物、化学/素材 など
※IT/データを活用した事業を歓迎します

アイディア・技術を事業化し、”死の谷”を超えるためのフルサポート

デジタルガレージが⻑年培ったIT事業や投資・スタートアップ育成の強みを活かし、IT革命が波及しイノベーションを生むと期待されるバイオテクノロジー・ヘルスケア領域に特化したシードアクセラレータープログラムです。

高い技術力や有望な研究成果、ビジネスプランを有する研究・技術者または起業家を公募し、選抜された参加チームを4ヶ月半フルサポートします。各社 最大1,000万円までの活動資金、インキュベーションスペースの無償提供(オフィス、ウェットラボ)、国内外の専門家・先輩起業家からのメンタリング、資金調達先や共同研究先を見つけるための成果発表会(Demo Day)などを通じて、バイオテクノロジー・ヘルスケア領域のスタートアップ企業の事業拡大を支援します。

参加のメリット

活動資金

希望者にはプログラム期間中の活動費を提供します。金額はプロダクト・サービス・会社の状況に合わせて最大1,000万円までの出資となります。
※シード資金の出資を受けるためには、法人として応募、もしくはプログラム期間中に法人化することが必須となります。

IT領域サポート

DG Labに所属する、Blockchain、AI、VR/AR分野で世界の第一線で活躍するエンジニアからアドバイスを得られます。事業会社のエンジニアならではの視点と手厚いサポートであなたの事業案をより質の高いものにしていきます。

専門領域サポート

製薬、医療機器、食品、化学、フィットネス企業などに所属するメンターから事業拡大に向けて的確なアドバイスをもらえます。本プログラムは、スタートアップではなかなか関係性が築きにくい一流企業とエコシステムを形成する事で、あなたの事業をサポートします。

財務戦略サポート

デジタルガレージの投資チームや過去16回の開催実績のあるOpen Network Labメンバーからのアドバイスだけでなく、国内外の投資家やインキュベーターからも、スタートアップの財務戦略に必要なアドバイスをもらえます。

コミュニティ

参加者同士や先輩起業家などと交流することで、悩みの相談や的確なアドバイスを得ることができます。また、デジタルガレージが保有するグローバルネットワークとも連携し、海外進出のサポートもいたします

オフィス

希望者にはプログラム期間中、都内のオフィス(ワークスタイリング 八重洲)や鎌倉の合宿施設、米国サンフランシスコにある弊社のインキュベーションセンターを無償で提供します。

ウェットラボ

本プログラム採択者のうち、希望者にはプログラム湘南ヘルスイノベーションパーク(iPark)を無償で提供します。なお、試薬や一部の実験機器などを使用する場合は参加者負担となります。詳細は応募時に別途ご相談ください。

その他

銀行口座開設、会計処理、クラウドストレージ、リクルーティングなど、あらゆる分野で、ご活用いただける特典をご用意しております。

Open Network Lab BioHealth 特典

Open Network Lab BioHealth では、プログラム参加チームがお得なプランにてサービスを利用できるよう様々な企業様にご協力いただいています。インフラ周り、分析、リクルーティングからHRまで、あらゆる分野でご利用いただける特典をご用意しておりますので是非ご活用ください。(随時サービス追加中です)

  • aws
  • Google Cloud Platform
  • Mobingi
  • Should Bee
  • Sider
  • Qiita Teamム
  • Repro
  • Mixpanel
  • Prott
  • Callconnect
  • Chatwork
  • PrTImes
  • Freee
  • SmartHR
  • Aviators
  • Toreru
  • Gemstone
  • Justa
  • Wantedly
  • CareerBaito
  • AMBI
  • Stripe
  • econtext
  • Veritrans
  • Pay.jp
  • Innoventure

スケジュール

  1. 5月23日(水)

    募集開始

  2. 7月8日(日)

    募集早期締め切り※

  3. 7月31日(火)

    募集最終締め切り

  4. 8月中旬

    選考会・プレゼン
    (書類選考通過企業のみ)

  5. 8月下旬

    選考結果通知

  6. 9月3日(月)

    プログラム開始

    – 2019
  7. 1月16日(水)

    Demo Day

※早期締め切りまでにご応募いただいた方には、応募内容に対して、フィードバックをする場合がございます。その後、事業案のブラッシュアップを行い7/31(火)までに再提出いただくことが可能です。ぜひご活用ください。

参加資格

  • バイオテクノロジー・ヘルスケアに関する事業を行っている法人/チーム/個人
    (ITやデータを活用した事業を歓迎します)
    *大学所属の方の応募も歓迎です。

  • 研究成果または特許、独創的なアイディアをもとにビジネスを行いたい方
    (研究成果や特許を活用する場合、それらのビジネス利用権を有している、もしくはプログラム期間中にビジネス利用権を有する目処がたっていること)

  • プログラム期間中(4ヶ月半)にプロトタイプ製作または一定の事業進捗を達成し、成果をデモンストレーションするスキルを持つ方

Mail Magazine

プログラムに関するアップデート、最新のイベント情報等をメールマガジンにてお送りしております。